スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
トマトフォカッチャ&紀の善の抹茶ババロア
水を使わずトマトの水煮で捏ねたトマトフォカッチャ。
トマトと岩塩、そしてオリーブオイルだけがこのパンの素材。

トマトフォカッチャ


酵母はこないだ仕込んだぶどうの酵母。

オリーブオイルの代わりにガーリックバターを乗せたのも焼いてみたけど、トマトの風味に影響ありで、やっぱりオリーブオイルのほうがいいみたい。

そうそう、今日おやつタイムに、昨日買った神楽坂の紀の善の抹茶ババロアを食べてみた。1つ630円也。

紀の善


しっかりした濃い抹茶の味がついたババロア。
ふうーん、これがみんなが言ってた紀の善の抹茶ババロアなのね。
スポンサーサイト
[2007/03/31 23:59 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
神楽坂フレンチと桜
以前から気になっていたカジュアルフレンチの店「FRENCH DINING」

今日は花見兼がてらここで楽しむ計画。
市ヶ谷方面からゆっくり桜を見て、この店についてって思ったりもしたけど、結局時間もなくて、神楽坂の途中にある毘沙門天の桜をちらり。

さくら


このお店は神楽坂の賑わいから少しだけはずれたとこにある、ガラスばりの可愛いお店。
フランス人と思しき笑顔たっぷりのサービスのお兄さんが、カタコトの日本語とスラスラのフランス語を交えて説明してくれる。
フォアグラがオススメらしいので、今日は一人がもらった臨時ボーナスにたかるべく、贅沢に食べてみる。
ちなみにワタシは、メインに牛フィレの上にフォアグラのポアレが乗ったゴーカなもの。うまく撮れなかったので画像はないけど、すごうま。
バルサミコと赤ワイン煮詰めたソースがまたいいからなのかな。

赤ワインでこれまた気さくなソムリエさんにオススメを聞くと、「FITOU」というしっかりしたワインを選んでくれた。3人とも気に入って1本では足りず同じのもう1本頼むほど。

デザート食べ終え満腹で店を出ると春になったとはいえ、ひんやり空気が冷たい。
公園の桜の下での夜桜も魅力だけど、ちょっと寒そうだから今日はここでよかったかな。

[2007/03/30 23:41 ] | 食べ歩き日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
お花見弁当
いよいよ満開になりましたね、桜。
今日は5月後半の気温だったとか。

定時あがりだったので、ぶらぶらお花見も良かったんだけど、体調いまいちだったので(昨日飲みすぎ)、今日はまっすぐ帰宅。

でも夕飯だけでも花見気分ってことで、西武の地下でこのお弁当。

花見弁当


気分だけはお花見モードで。
[2007/03/29 23:15 ] | 美味しかったもの | コメント(0) | トラックバック(0)
クルミレーズン&
定番のクルミレーズン。
長野の巨峰のレーズンは、ジューシーで存在感たっぷり。
断面がないからこれじゃ分からないけれど。

クルミレーズン


ドライフルーツって昔あまり好きじゃなかった。
プルーンを美味しいと思って食べられるようになったのはここ数年。
今は常時10種類のドライフルーツが我が家にある。
レーズン2種、カレンツ、ブルーベリー、ドライチェリー、クランベリー、マンゴー、さるなしの実、ピーチにフィグ。
そしてこないだもらったのは、ドライのトマトとりんご。

仕事中にもドライフィグをおやつ代わりに食べたりする。
美容にいいと誰かが言ってたから。

そう、美容といえば家でも会社でも炭酸入りの水を飲んでいる。
美容にいいというより、刺激があってやめられないのかも。
1日500mlのキリンNUDAを1.5本くらい飲んでる。
最近そのキリンNUDAがリニューアルして、パッケージも中身も一新。
そしたら、いままでのきつい刺激が万人向けの柔らかい味になっててもうがっかり。

レモンの風味なんていらないのだよ・・とつぶやいてみたり。

[2007/03/27 22:59 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(2) | トラックバック(0)
アーモンドベーグル
コートを着ないで出かける朝7時。
都心マイナス3℃のここ所沢で、穏やかな風がまとわりついて気持ちいい。

こんな日はホントはどっか遠くに遊びに出かけたいんだけど、現実はいつもの通勤ラッシュ。
今週はどっかで花見するのを楽しみに・・。

今日はアーモンドベーグル。

冷蔵庫にアーモンドプードルとスライスアーモンドが並んで入ってるのを見つけてこれにしようって決めたのは安易だったんだけど、意外と美味しくできたんだ。

アーモンドベーグル


アーモンドプードルが生地しっとりさせて、後から混ぜ込んだアーモンドスライスが噛むとパチパチ音を立てるみたいで・・・。

[2007/03/26 23:31 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
黒豆甘納豆スティック
朝から雨。
車を12ヶ月点検に出しに行って、帰りに「プロパック」でパンの包装材をいくつか買う。ここは食パン用の袋も数種あるし、紙袋も100枚単位だけどいっぱいあって、食材も業務用は見るだけで楽しい。

昼からはボケーっと1日を過ごしちゃったな。

今日はお茶の友甘納豆を使ったスティックパン。
「自家製酵母のパン教室」の本の作り方で。


黒豆甘納豆スティック


黒豆だからね、粒が大きいし味もしっかりしてる。
このパン、以前から何回か作って成型も慣れてきて気に入っている。

黒豆がちょっと焦げたとこがいい香り。
[2007/03/25 20:26 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
チーズフォカッチャ
以前イタリア料理のお店で食べたフォカッチャが美味しくて、そこで食べたのを再現すべく作ってみる。

そこのはプレーンだったけど、今日はチーズを入れて濃い味のパンを目指す。

人の記憶というものは、そのときにビビッ!と来ても、時間の経過には逆らえずしだいにあいまいになるもの。
食感だけは覚えていたけど、全粒粉が入ってたかとか・・分からず。

とりあえず全粒粉20%ほど入れてみる。
あとは塩と砂糖とリスドオル(準強力粉)。
シンプルな生地にチーズをたたみこむ。

焼成前にオリーブオイルをささっとかけて・・。
岩塩をかけ忘れたのが敗因とも思ったけど、チーズの塩気があるので逆にいいか。

フォカッチャ風


オーブンから香ばしいチーズの香りが漂って、早速切ってみると中はこんな感じ。

断面


こりゃ、フォカッチャじゃない、フォカッチャ風としておこ。
[2007/03/24 18:40 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
村上開新堂のクッキー
村上開新堂は千代田区の麹町にある、老舗の店。
ブルータスの手土産本にも載ってたけど、買ったこともいただいたこともなく・・。

こちらの焼き菓子は、手土産ではかなりウエをいく。
なぜなら、ここのお菓子、紹介された人しか買えない。
1日に作ることが出来る量が非常に限られているためだとか。
自分じゃきっと買えないクッキーがこれ。

村上開新堂


秘書の役得。開けてすぐに数種を口にしたけど、やっぱ違うわ。
クッキーって、ワタシの大好きお菓子ランキングの上位にはいないんだけど、歯ごたえいい、風味といい、ほどよい水分加減といい、なんというかとにかく美味しいのだ。

これを買っていただいた某大企業の社長さんにお礼の電話をして、さりげなく入手方法聞いたけど、さすがにヒミツだって。

予約したり、行列作ったりすればたいていの美味しいお菓子は手に入るんだけど、そういうわけにいかないものも世の中にはあるのね。
[2007/03/24 00:34 ] | 美味しかったもの | コメント(0) | トラックバック(1)
バケット~シンプル~
うわっ、一気に暖かくなってきたぞ。
冬コートは失敗だった。

お花見は来週後半の予定なんだから、桜のつぼみ、あんまり張り切らないでね。

バケットはしばらくしておらず、久々だったもんだから、要領得なくてこんなずんぐりバケットに。


バケット


見た目はいまいちだったけど、焼きたてのバケットの中はこんな感じに・・。

割り


これはこれでヨシなんだけど、本当に作りたいバケットはこれじゃない。
ふぞろいの気泡があいてるあの・・あれ。
ポーリッシュ法でとか、焼成のときに石を置いて蒸気出すとか、本でも色々見るけれど、少しずつ実践していくとしよう。

[2007/03/22 21:47 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
おはぎ
お彼岸です。
春のお彼岸はおはぎじゃなくてぼたもちって言うらしいんだけど・・おはぎでいいや。

小豆をくつくつ煮ている時って、キッチンに立ち込める安らぎというか癒しというか、懐かしいというか、どうも好きでたまらない。

あんこ


中に入れるご飯の部分は、実家魚沼産のもち米とうるち米を1:1で。
それを少しつぶして粘り気を出す。
これ「ハンゴロシ」って言うんだけど、誰がこんな恐ろしい名前、和菓子の作り方の言葉に使ったんだろうね。

自家製おはぎできあがり♪

おはぎ


開花宣言もあったし、今日は暖かかったし、いよいよ春です。
[2007/03/21 23:22 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(3) | トラックバック(0)
白肝(ごま油)@バリ鳥
20070320225719
レバーが苦手だった私が最初に美味しいと思ったのがバリ鳥@恵比寿のこのゴマ油に和えられたレバー。
これを食べてから苦手意識が払拭され、どこの店に行っても食べられるようになったんだ。

今日は恵比寿ではなく、支店の秋葉原だったけど、メニューは多分同じと思う。
ビルに入ってるせいか、妙に小綺麗なのがそことは違うけど。

白肝はオススメだけあって余所とはちょっと違うんだ。塩もタレも結局注文し、胃の中は肝でいっぱい。

こうやって、苦手なものが好物になるのはホントに嬉しい。
あと克服したいモノ(日常生活には支障ない)が二つ位あるけど、こうやって美味しいと思えるようになりたいものだ。

苦手な食べ物あるって人生損してると思うから…。
[2007/03/20 22:57 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コーンファンデュ
本ですでに号泣してたけど、今日東京タワーの最終回でまた涙・・。
あのオカンとうちの親、同い年くらいなんだよね。
親孝行しとかなきゃって思ってる人いっぱいいるだろうな。
桜が咲いたらどっか連れてこ。

あっ、オトンも忘れてはいけないね(笑)。


これ、昨日作ったパン。
ファンデュとは双子の意(たぶん)。ふたごパンは真ん中で二つに割れてどっかのお店ではオシリパンという名で売ってた。

コーンファンデュ


このツブツブはコーングリッツ。
結構しっとりしているこの生地は、サンドウィッチどんな具でも合う。

今日、紅茶パンで卵サンドしたら、なんかヘンな感じだった。
パンと具の相性も重要なんですね。

[2007/03/19 22:56 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
くるみパン
首都圏はJRも私鉄もバスもこれ1枚っていう便利なものが今日から始まる。

今朝、早く起きて、限定発売の記念パスモを買うべく駅に行くと、発売開始時間前に長蛇の列。
考えが甘かったらしい。
列についたところで、駅員に「恐らく並んでも無理と思います・・」とのこと。

仕方なく、今の定期を限定バージョンじゃないパスモに変えて、駅員にJRの期限が違う定期についてなど質問をしばししてみる。
パスモとSuicaの役割の違いがいまひとつはっきりしないんだよね。
ワタシはだいぶ分かったけど、一緒に駅にいたおばちゃんの頭からは?マークが飛んでもん。

それはさておき、今日のパン。
香ばしい胡桃ぱん。酵母はまだまだ元気な干柿酵母jrで。
細挽きのライ麦を20%配合して、胡桃との相性もよさそうな生地。

胡桃パン


ワタシは胡桃好きだからこういうパンは食べたら止まらない。
断面は↓

胡桃パン断面


このパンと他にいくつか持って姉一家のとこへ車をとばす。
ゆっくりお茶をするのも束の間、久々に姪や甥たちに連れ出され寒い中はしゃいで遊ぶ。
なわとびの二重飛びしたのいつぶりだろう・・。
でも10回できた!ちょっとうれしい。
[2007/03/18 21:15 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
菜の花とパンチェッタのパスタ
白いゴミかと思った昨日の雪。
今朝も起きたらまだ冬みたい。

今日は久々にちゃんとしたお家ご飯。
八百屋に行ったら、菜の花が目に付き、これで今夜はパスタにしようと決める。
いい塩気があって、コクもあるパンチェッタが合うかなと思って・・。

オリーブオイルとにんにく、鷹の爪、白ワインに塩コショウ。
シンプルな味付け。うん、色が綺麗。

菜の花パスタ


今日は、それと昼間に教わって作った蜂蜜たっぷりのパンがこれ。

蜂の巣パン


その名は蜂の巣パン。蜂蜜とバターがたっぷりで、超が付くほどリッチな配合。
パンとして食べるには、心苦しいというか、カロリー的にきっとまずいので、ケーキのように小さく切って少しだけいただく。

作り方は今日は割愛。
[2007/03/17 20:39 ] | 美味しかったもの | コメント(6) | トラックバック(0)
ポンディケージョ
うちではチビパンと呼んでるポンディケージョ。
タピオカ粉とチーズ、卵、オリーブオイルで作るんだけど、売ってるそれとは恐らく違うんだ。

ポンディケージョ


普通はもっちりの食感っていうけど、これクラスト部分ががっつりしてる。

ポンディケージョ断面


平日の一人ご飯は、これとサラダとちょっとのお酒で・・がここ最近の定番。全然主婦らしきことしてないや。

早く帰ってあれこれやろうと思っても、夜の時間ってあっという間に過ぎちゃって、いっつも何も出来てない。
時間だけは平等に与えられてるのに。

今日はアイロンだけやっとこ。

[2007/03/15 22:18 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
春はまだ・・
桜の開花予想が訂正された。
気象庁のミスなんて・・と思ったけど、気温データから計算して出される予想だもの、そういうこともあるんだね。

東京は23日だそう。
今日帰る途中に友達と花見の日にちを決めようってメールしてて、とりあえず23日の金曜日にしてたからね、バッチリかとも思ったんだけど、微妙に心配。

そういえば、今日ホワトデーだということで、義父が宅急便で「さくらまんじゅう」と柿ピーなんか送ってきてくれたんだ。

お礼のメールをしたら、返信がきて(71歳の義父が、初めて携帯メールで絵文字を使ってきた)、この冬最高の降雪量だったって。暖冬で雪が少ないと喜んでいたのに、積雪量2メートルとは・・こっちの桜がまだ咲くわけないな。



[2007/03/14 23:22 ] | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
オステリア・ラ・ピリカ@外神田
秋葉原と御茶ノ水の間くらいにある、外神田のイタリアン「オステリア・ラ・ピリカ」。
昨年の秋オープンしたらしく、一軒家のような造りのお店。

3月1日誕生日のワタシと、3月31日誕生日の彼女、お互いのほぼ間の今日ご飯を食べようということになり・・。

コースのメインがこれ↓
このお魚はカツオです。
あとはおしゃべりしてたから撮ってなかった。

オステリア


彼女は5月出産予定。
動ける今のうちに外食一緒に楽しめて良かったな。
[2007/03/13 23:24 ] | 食べ歩き日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
サーターアンダギー
今日のランチは北谷食堂という沖縄料理のお店で「そーきすば」。
そばではなく、すばというらしい。

注文して3分くらいで出てきたその「そーきすば」は、6年前に沖縄で食べたあの味だった(ような気がする)。

食べ終わって会計のときに店の人からもらったのは白い紙に包まれたサータアンダギー。

サータアンダギー


サータアンダギーはサータ=砂糖、アンダー=油、アギー=揚げという首里の方言だそう。
意外と油っこくなく、素朴な格好がかわいくて、なかなかいける。

これ熱い太陽の下でほおばるのもいいんだな。できれば作りたてを。
[2007/03/12 23:34 ] | 美味しかったもの | コメント(0) | トラックバック(0)
チーズリュスティック
今朝起きたら予報どおりの雨。

晴れだったらパキパキやることやって出かけたりって思うんだけど、雨なら、すっぴんでどこにも行かないぞってゴロゴロのんびり。

雨モードでボケボケしてたら、昼頃から急に晴れになるから、結局パタパタ家のことやり出す。大好きな平井堅の歌をBGMにして・・。

そんな微妙な状況下で作った今日のパンは久しぶりにリュスティック。
5mmの角チーズを入れたチーズ味。

チーズリュスティック


ちょっと溶けたチーズがgood♪

チーズリュスティック断面


ついでにもう一つ甘納豆リュスティックも・・。

甘納豆リュスティック


やっぱり焼きたてはサイコー。
[2007/03/11 22:24 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
五十番神楽坂本店
昨日の夜10時前でも行列できてたっていう、神楽坂にある五十番本店。
中華まんの有名な店。

お土産に買ってきてもらう。
手前のは五目肉まん525円。えび、豚肉、うずらの卵など入ってる525円也。

五十番


去年購入した、“照宝のせいろ”で蒸す。
照宝のはいいと人に勧められて、横浜の中華街まで行って選んだモノ。

せいろ


けっこうお気に入り。
[2007/03/10 22:39 ] | 美味しかったもの | コメント(2) | トラックバック(0)
植木鉢食パン
1週間前の誕生日の日に、友達から「面白いものを見つけたのでそのうちお届けしまーす」という、何とも興味深げなメールがきていた。

彼女はワタシのパン好きを良く知ってるからもしかしてパン?と思ってはいたけど、今日宅急便でその“面白いもの”が届いた。
差出人の欄には「葵ベーカリー」とある。

箱から出てきたのがこれ↓

植木鉢食パン


この大きさに圧倒されつつ、切れ目から半分くらいを手でちぎってムシャムシャ。

ほんのり甘いのはどうしてだろう。
今度はトーストで。
食パンはやっぱりトーストだね。
岩手山麓のバターを塗って食べるとさらに美味しさアップ。

ネットで葵ベーカリーを調べたら、これは天然酵母の植木鉢食パンというもので、自家製天然酵母による長時間発酵(1718時間)させた生地をとこなめ焼の植木鉢に入れて焼き上げた食パン・・だそう。

乾ぶどうから採った酵母を・・・と詳細は→こちら

自分じゃ見つけられなかった、愛知県にあるこのパン屋さん。
植木鉢で焼くパンなんて初めて見た。
しかも美味。
イキな贈り物をしてくれた友達にカンシャ!!


[2007/03/08 23:12 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
湯島とりの
20070307233431
秋葉原から5分、末広町から1分の妻恋坂交差点近くにある、串焼きの店『湯島とりの』。
新鮮な鶏を使ってる自慢の店。

レバーの食感、ぼんじりのジューシーさ、軟骨の歯ごたえ…。
さらにそり肉(ももの付け根の肉)やちょうちん(殻に入る前の状態の卵)など、新鮮な肉でなければ味わえないとこもいただけ、満足。
焼酎は鹿児島のがたくさんある。(そういえばお通しは紫芋チップスだったわ。)
友達が飲んだ珍しい焼き芋焼酎は香りがいい。
鳥の煮込みや鳥わさの和え物、〆の鳥スープと鳥専門らしい料理たち。

気持ちよくのんびりと飲めたのは、店員さんの温かい接客のおかげかな。
今日も喋り続けて4時間があっという間。
やっぱりオンナはよく喋る…。
[2007/03/07 23:34 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
がんこラーメン八代目@末広町
お昼時、何回か前を通って気になってたラーメンのお店。
看板らしきものは見当たらず、店は黒く塗られた壁で、骨がぶら下がっている・・。
以前テレビで見たのか、雑誌で見たのか忘れたけれど、いいスープが出来たときに骨を出して営業を知らせるラーメン屋がこれかぁ。

今日は骨がぶら下がっていることを期待して会社から5分ほどのこの店に行ってみる。

出てた骨。店やってる!

がんこラーメン入り口


ラーメンの種類は塩(しそ味)、醤油はアッサリ、コッテリ、そして中間のチョッテリ。
友達はチョッテリ、ワタシはアッサリで。

店はカウンターの8席だけ。骨の絵が描いてある黒いTシャツを着たおやじ。がんこラーメンっていう店名は中に入って分かったんだけど、こういう店でおしゃべりや雑誌を読むのはだめだと空気で分かる。

怖いかなと思ってたんだけどこの店主、初めて来店したワタシたちに軽いノリで辛口トークをしてくるイキなオヤジ。でもラーメン作る目だけは真剣。

あっという間に出てきたラーメンがこれ。
写真なんか撮ってないで食えと言われそうだから、一瞬でさっと撮影。


あっさりしょうゆ


醤油というには透き通ったスープ。細めのちぢれ麺、半熟の卵、柔らかいチャーシュー。
ラーメンについては全く詳しくないんだけど、久々にスープ全部飲み干すほどワタシ好みの美味しいラーメンだった。

友達と二人で、空になったどんぶりをカウンターの上にあげると、オヤジはおおっ!と喜んでいたよ。
そして「また来週~」と手を振ってた。
こんなフレンドリーな店主だから、常連が途切れないんだろうな。

あとで調べてみたら元祖一条流がんこは早稲田にある総本家をはじめ家系図のように18代目くらいまであるんだって。
すごいなラーメンの世界って。

[2007/03/06 23:34 ] | 食べ歩き日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ライ麦ベーグル
天気が暴れてた。
危うくお気に入りの傘が、逆に開くとこだった。

気温は高くて今朝起きても20℃あったし、風はぬるい。
タイツはいたけど、すぐにストッキングに切り替え、厚手のコートでなく秋ごろ着ていたジャケットコートに。

でもこのまま春がくるわけじゃないんだよね。
冬逆戻りって言ってたから。

天気ネタはさておき、今日は久々にベーグル。
細挽きのライ麦を入れた香ばしいベーグルに。

ライ麦ベーグル


断面↓

ライ麦ベーグル断面


今日はこれにボイルした海老、ゆで卵、チーズのベーグルサンドに。
ピクルスあれば良かったかな。


[2007/03/05 22:42 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
春アンパン2種
引越して1年になる今日がうちの大掃除。
年末は、寒いし忙しいしってやらなかったから、毎年3月初めに我が家では大掃除をしようと決めていた。

今日はなんと掃除日和。
半袖のTシャツを着て、少し汗だくになりながら、窓拭きなどしてみる。
といっても、おおまかなとこしかやってないけど、気分だけすっきり。

さて、今日は春に相応しいアンパン2種を作ってみる。

春アンパン


撮ったときに明るすぎて、色が良く見えないけれど、手前が緑茶の生地、そして奥のは道明寺を作ったときにピンクに色づけした麹パウダーを0.2%入れて桜色の生地に。

あんこをゆっくり炊いて、粒が残る柔らかめの餡に仕上げる。
餡の包み方がやはりヘタなので、断面はこんな不恰好に。

春アンパン断面


たまにはコーヒーではなく、お茶でいただくとします。
[2007/03/04 22:45 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(2) | トラックバック(0)
リッチ食パン・シンプルぶどうパン

昨日の夜、少し酔っ払いながら捏ね上げたパン生地を今朝焼いた。

お姉ちゃんの子供たちに食べてもらおうと電話でリクエストを聞くとなんだかんだ時間のかかりそうなお菓子パンを言ったあと、食パン!ぶどうパン!と言うので、これに決める。

食パンはバター・牛乳を少し多めに入れた柔らかい生地のリッチな食パン。

リッチ食パン


逆にぶどうパンはシンプルな配合。
ぶどうは長野のお土産巨峰のレーズンを使用。

ぶどうパン



これらのパンを持って実家のある川越に向かったものの、このいいお天気につられてみんなお出かけしてたみたい。
実家の犬に、買ってきた犬用のボーロをあげてしばし日向ぼっこ。

沈丁花の香りがどこからともなく漂ってくる。
ワタシの好きな春のにおい。
そしてなんか懐かしい気持ちになる。
この香りとともに、何度も過ごしたその時々の春の日々が思い出されるようで。


[2007/03/04 00:28 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
桜餅
日付変わったから今日はもう3日、ひなまつり。

会社でお客様から手土産でいただいたのが、この桜餅。
某大手金融系だけあって、こういうタイムリーな日に気の利いたお菓子はさすが。


桜餅


これは新宿中村屋が展開してる「菓匠 黒光庵」のもの。
この関東風というのか、この巻きタイプの桜餅の場合、餡はコシで固めが普通だと思ってたけど、これはゆるい餡でしかも粒が見える。
原材料を見ると「てぼ豆」って書いてある。その粒がてぼ豆か?

ワタシはどちらかというと桜餅は道明寺が好き。
そして、桜の葉は全部食べない。
最初の一口を食べるときに口に入る分だけ味わい、その後はペロッとはがしちゃう。

和菓子の先生に聞いたら、それは好みでいいと言っていたし、その先生も自分は食べないタイプだと言っていたから。
葉っぱはがすのもマナー違反ではないのだと。

ついでに帰りに赤坂柿山で姪っ子にあげるひあなられを買う。
夫婦二人の生活では、日本の季節行事忘れがちになるからね。

あえて、気にかけていようと思う。

あとひし餅だっけ。それはいいか。





[2007/03/03 00:50 ] | 美味しかったもの | コメント(2) | トラックバック(0)
カンシャ
一年で一番感謝の気持ちが大きい一日。

忙しい日々を過ごしているのに、ワタシの誕生日を覚えていてくれた友達に感謝。

歳重ねるにつれ、誕生日って嬉しくないという人もいるけれど、おめでとうの言われるの、やっぱりうれしいよね。

F1層最後の年か。
たまに自分で良く分からない何かに焦ってるときがある。
きっとそれは焦ってもしょうがないこと。

もう一つの新年を迎える気持ちで、達成したいことを頭に描く。
ここに書いちゃうと、三日坊主になっちゃったときに恥ずかしいから内緒だけれど・・。




[2007/03/01 23:22 ] | 雑記 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。