スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
夏の終わりの花火と美酒
昨日のこと。
花火といっても西武園の花火がベランダから見えるから、それにかこつけての飲み会。

いつもはビール→ワインっていう流れなんだけど、今日はオシャレなソフィアコッポラのスパークリングワイン(缶入りでセレブ用?にストロー付き)があったり、はたまたこんな日本酒たちで酔いしれる。

日本酒etc


宮城の一の蔵のすず音ベースした、ピンク色の「花めくすず音」。これは小瓶だから7人で割るとほんの一口。食前酒のよう。
「出羽桜・夏祭りとび六」は山形のお酒でこれもにごり発泡酒。女性向き。

私は料理を作りながらの試飲だけど、味だけはしっかり覚えてる。
次の郷の誉・純米吟醸・黒吟は茨城のお酒でパイナップルのような味わいの日本酒。フルーティな日本酒ってよく聞くけど、これはその域を超えてるフルーティさ。

越の寒中梅・大吟醸は新潟で帰省したときに仕入れてきたもの。
ふんふん、新潟のお酒は辛口のイメージあるけど、比較的やわらかな感じ。

7人集まるとあーだこーだいいながら、いろんな種類を飲み比べできるのが、みんなとても気に入ってる。
その後の白・赤ワインは本日はあまり特筆すべきものはなし。

黒ビールのパンはなんだかみんなに大好評。
黒ビール自体は私苦手なんだけど、パンにするとコクがでるみたい。


スポンサーサイト
[2006/09/03 22:50 ] | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<釜たまうどん | ホーム | 黒ビールパン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。