スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
がんこラーメン八代目@末広町
お昼時、何回か前を通って気になってたラーメンのお店。
看板らしきものは見当たらず、店は黒く塗られた壁で、骨がぶら下がっている・・。
以前テレビで見たのか、雑誌で見たのか忘れたけれど、いいスープが出来たときに骨を出して営業を知らせるラーメン屋がこれかぁ。

今日は骨がぶら下がっていることを期待して会社から5分ほどのこの店に行ってみる。

出てた骨。店やってる!

がんこラーメン入り口


ラーメンの種類は塩(しそ味)、醤油はアッサリ、コッテリ、そして中間のチョッテリ。
友達はチョッテリ、ワタシはアッサリで。

店はカウンターの8席だけ。骨の絵が描いてある黒いTシャツを着たおやじ。がんこラーメンっていう店名は中に入って分かったんだけど、こういう店でおしゃべりや雑誌を読むのはだめだと空気で分かる。

怖いかなと思ってたんだけどこの店主、初めて来店したワタシたちに軽いノリで辛口トークをしてくるイキなオヤジ。でもラーメン作る目だけは真剣。

あっという間に出てきたラーメンがこれ。
写真なんか撮ってないで食えと言われそうだから、一瞬でさっと撮影。


あっさりしょうゆ


醤油というには透き通ったスープ。細めのちぢれ麺、半熟の卵、柔らかいチャーシュー。
ラーメンについては全く詳しくないんだけど、久々にスープ全部飲み干すほどワタシ好みの美味しいラーメンだった。

友達と二人で、空になったどんぶりをカウンターの上にあげると、オヤジはおおっ!と喜んでいたよ。
そして「また来週~」と手を振ってた。
こんなフレンドリーな店主だから、常連が途切れないんだろうな。

あとで調べてみたら元祖一条流がんこは早稲田にある総本家をはじめ家系図のように18代目くらいまであるんだって。
すごいなラーメンの世界って。

スポンサーサイト
[2007/03/06 23:34 ] | 食べ歩き日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<湯島とりの | ホーム | ライ麦ベーグル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。