スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
クーゲルフプフ
昨日の結婚式、8月で暑さはあったけど、皇居に沈む夕日を見ながらの夜の披露宴もなかなかいいもので、友達もシアワセそうで、何よりでした。

さて、今日のパンは「クーゲルフプフ」。「天然酵母でつくるお菓子」の増沢先生本にあるレシピをもとに、酵母を変えて、配合を少し自分流にアレンジしたもの。外側にバターと粉糖とラム酒でコーティングするのは保存性の向上のため。

一見甘そうなパンだけど、生地自体の砂糖の割合は、バターロール並み。
甘さはレーズンとドライのラフランスから出ていて、自然な味。

クーゲルフプフ


生地に砂糖をたくさんいれるより、コーティングした方が少ない砂糖で甘みが引き立つような気がします。

一切れサイズに切って食べる。

クグロフ断面


一切れだけと決めてても、またあと一切れと気が付くと半分くらい食べてたり・・。

スポンサーサイト
[2007/08/26 21:17 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<梨酵母 | ホーム | くるみリュスティック>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。