スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
胡麻パンいろいろ&至福の大福
週末金曜、久々にトモダチと飲んできました。
京野菜で和風フレンチの店。
今週はアスパラ三昧だったのに、このお店でヨーロッパの野生のアスパラ、アスパラソバージュなるものを知って旬の一品だったので食べてみた。
つくしみたいな頭をしてて、食感も珍しく、話題になりそうな予感。
これはまだ流行っていないはずなので、新潟の父に教えてあげるべきか・・・迷うとこ。商売っ気なんてないからなぁ、日本のでいいんだって言うかもな。

話は変わり昨日作った胡麻生地のパン。
成型をあれこれ楽しんで、こんな種類が出来ました。
右奥のはあんぱん。
相変わらず、あんこが偏って成型がへたっぴ。
他のは可愛くいったでしょ。

胡麻パンいろいろ


あんこつながりで、昨日いただいた絶品大福。
虎ノ門にある岡埜栄泉。和菓子界では有名なこの店。
岡埜って暖簾を掲げてる店は都内に幾つもあるけれど、上野の岡埜栄泉でもなく、わざわざ虎ノ門に足を運ばなければ買えない代物。予約分でほぼ売切れるとか。

岡埜大福


重さを測れなかったけど、過去ワタシがブログに載せた美味しい大福の中で一番ずっしりかもしれない。そしてワタシの大福ランキング、上位確実なのね。
塩がほんのり効いた上品なこしあん。柔らかすぎず、あんことのバランスがいい餅。

岡埜大福断面


おばあちゃんになっても、こういうおやつで茶をすすっていたいなぁ。
スポンサーサイト
[2008/05/31 00:49 ] | 酵母のパン・お菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ヨーグルトライ(フィグとクリームチーズ) | ホーム | マンゴー酵母>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。